StreamBaseとH2O連携

StreamBaseとH2O連携

前回の記事でH2Oで作成したモデルをPOJOというJavaファイルに保存し、アプリケーション化する方法をご紹介しました。

今回はTIBCO製品であるTIBCO StreamBaseとH2Oの連携についてご紹介します。

TIBCO Software StreamBaseとは

StreamBaseはリアルタイム処理が行える製品です。
様々なストリーミングデータを元に高速処理が行えるのが特徴で
元は金融のアルゴリズム取引などに使用されていました。

処理の流れはGUIから設定できますのでコードをゴリゴリ書く必要はありません。

残念ながら有償ソフトとなりますが、30日のトライアルはこちらから可能です

StreamBaseにはH2Oアダプタがありますので、
これを使用して簡単に連携ができます。

モデルをビルドして、POJOファイルを入手した段階が前提です。
今回も同様に複数のパラメータを従属変数とし、品質を目的変数としました。

H2Oアダプタへのモデル実装

H2Oアダプタへは従属変数を入力パラメータとして与えると、予測品質がアウトプットとして出力されます。
モデルの実装はとても簡単で、POJOファイルをアダプタのプロパティに設定するだけです。

今回はサンプルのファイルから1秒間に10レコードずつ流して仮想のストリームを作っています。

StreamBaseを使うとWeb上からリアルタイムに結果も見えるので、短期間でH2Oを使用したリアルタイム可視化ができます。


画面キャプチャーが小さくてすいませんが、徐々に不良が発生して、アラートが表示されます。
このWeb画面も自由に設計可能です。今回は円グラフと棒グラフ、ある不良が予測された場合のアラートだけ追加してみました。創作時間10分程度です。

ご興味のある方は是非TIBCO社までお問合せください。