詳細な地図を表示する

詳細な地図を表示したい

Spotfireのマップチャートを使うと地図上にデータをプロットする事ができます。
この機能はOpenStreetMapというフリーの地図情報データをベースに
拡張したGeo AnalyticsというTIBCO社が運営するサービスを元に動作します。

ただ、このGeo Analyticsですが元のOpenStreetMapと比較すると
地図の情報量が少なく、詳細な情報を確認したい場合は少し不便です。

TMSレイヤ

Spotfire 7.6からTMSを使用したレイヤを追加する事ができるようになりました。
TMSとはWebを通して地図情報を配信する方式ですが、OpenStreetMapをこちらの機能に対応していますので、レイヤとして追加する事ができます。

追加方法

マップチャートのプロパティから
「レイヤ」‐>「追加」を選択し、
「マップレイヤ」から「TMSレイヤ」を選択します。
1

TMSレイヤのURLを入力する画面が表示されるので

http://a.tile.openstreetmap.org/{z}/{x}/{y}.png

と入力し「更新」ボタンを押してください。
2

これでレイヤが追加されました。
3

OpenStreetMapとの比較

比較してみましょう。

こちらが OpenStreetMapで表示した秋葉原周辺の地図(と人の集まり)です。

4

こちらが元のマップです。だいぶスカスカですね。

5

OpenStreetMapを初期設定にしたい

いちいちマップチャートを開くたびに設定をするのは面倒なので、
初期設定をOpenStreetMapにする方法をご紹介します。

「ツール」→「オプション」を選択します。
6

オプション画面が開きますので、「マップチャート」から「デフォルトのレイヤ」を設定します。
「追加」から「マップレイヤ」で「TMSレイヤ」を選択し、

7

後は先ほどと同じです。

著作権テキストもライセンス表記に合わせて追加しておきましょう。
10