データの横変換

データの横変換

データの横変換にはピボット処理を使用します。
集計結果として確認したい場合はクロス集計表で十分ですが、
データテーブルとして同じ形式のデータを持ちたい場合に使用します。

主に他のデータと結合する際にキーカラムが一対一になるように集計したり、
相関を取る為にはデータを横持ちにする必要があります。

今回は縦長のデータをピボットで集計したデータテーブルを作成します。

3

データ変換

「データテーブルの追加」
データ変換の中のピボット処理を使用します。
「ファイル」→「データテーブルの追加」を選択します。
1

取り込む元データはこのような縦長のデータです。
2

データソースを選択したら変換メニューを開きます。
「変換」から「ピボット」を選択してください。
4

ピボット処理

データのピボット画面になるので、
ローの識別子に縦項目、カラムタイトルに横項目を設定します。
「値および集計方法」が実際に集計される値になります。

今回は一つずつですが、それぞれ複数項目も設定可能です。
5

カラムの命名パターンですが’%M(%V) (%C用)’だと非常に長いので
‘%C’にしてしまう事がほとんどです。

こちらが変換後のデータです。
6

せっかくなのでData Relationshipsで相関を見てみましたが、
それほど優位なペアはなさそうですね。
7