テキストエリアで集計値表示

動的項目

前回テキストエリアを使用して、文章やイメージを表示しました。
固定メッセージだけであればテキストで十分ですが、
データやフィルターに応じて変化する値などを入力したい場合「動的項目」を使用します。

動的項目を使用すると式を入力してラベルを表示したり、アイコンを表示することができます。
また、スパークラインやバレットグラフを表示することもできるので、
指標を一目で確認したい場合は便利です。

動的項目の作成

動的項目を作成するにはテキストエリアの編集モードで「動的項目の挿入」アイコンをクリックします。
「スパークライン」「計算値」「アイコン」「ブレットグラフ」の4種類の動的項目があります。
1


スパークライン

スパークラインはシンプルなラインチャートです。
トレンドや変動を表示するために使用されています。
2
通常のラインチャートと同じようにX軸とY軸を設定することができます。
2.5


計算値

計算値は、入力された式から計算された値です。
クロス テーブルに表示されるデータと似ています。
3

「値」のタブで式を入力できます。
もちろんカスタム演算式を使用することもできます。
4


アイコン

アイコンは、数値に応じてイメージ表示します。
「計算値」と同じように、入力された式の値に応じて色と形を表示します。
5

この例では、ホームラン数で閾値を設定しています。
フィルターでチームを変更すると、値に応じてアイコンが変化します。
6


ブレットグラフ

ブレットグラフは、2つのパラメータで比較する場合に使用されます。
予算と実績や進捗状況、昨年対比などで使用します。
7


動的項目のデータ範囲

既定では動的項目はページのフィルターに応じて変化するため、絞り込み条件に応じて変化します。

計算値をロックしてフィルターに反応しないようにするには
各動的項目の「データ」タブを設定します。

全てのデータを常に表示したい場合は「フィルターを使用したデータの制限」から
チェックを外してください。

また、常に一定条件のデータを対象として表示したい場合は
「式を使用したデータの制限」で”team = ‘NY Yankees'”等の設定をすることも可能です。
8