フォント設定

フォント設定

以前、書式設定の方法についてお話しました。
書式設定と並んで重要になるのがフォントです。
どちらも見た目での表示にはなりますが、ぱっと見の印象も変わりますし、
統一感も出ますので、初期設定しておくのををお勧めします。

1

フォント設定レベル


フォントの変更レベルは2種類です。

  • グラフごとに設定
  • アプリケーションの初期設定として設定
グラフごとに設定

グラフそれぞれにフォントを個別設定することが可能です。

右クリックしてプロパティ画面を開きます。
「フォント」タブがありますので、そちらを開いてください。
フォント設定項目はグラフごとに異なります。
2
上の図はテーブルのものです。設定できる項目はグラフにより異なります。
フォントやサイズを選ぶことが可能です。

一括して変更したければドラッグで複数項目を選択して変更することも可能です。
3

アプリケーションの初期設定として設定

グラフごと、項目ごとにフォントを設定することも可能ですが、
通常は同一のフォントを使用するケースが圧倒的に多いと思いますので、
アプリケーションとして初期設定しておくと統一感が出ます。

既定ではArialがフォントとして設定されていますが、
私はメイリオにしています。

初期設定はオプション画面から変更します。
メニューから「ツール」→「オプション」を開いて下さい。
4

「フォント」タブを選択します。
項目一覧を、個別に設定することもできますし、すべて選択して一括設定することもできます。
5