グラフの書式設定

グラフの書式設定


Spotfireの既定では数値形式は小数点2ケタの区切り文字なしで表示されます。
表示フォーマットはユーザーによっては3ケタ区切りにしたり、
科学表記の方がわかりやすい場合もありますので、書式設定をしましょう。

今回は数値形式に関して記載しますが、
日付に関しても同様にフォーマットは変更可能です。

書式設定で小数点なし、区切り文字ありにする。

0

書式設定の適用範囲

設定方法としては、グラフ個別、ファイルレベル、アプリケーションの規定で設定が可能です。

グラフ個別に書式設定


どのグラフでも個別に書式設定が可能です。
グラフの右上にある「プロパティ」アイコンをクリックするか、
グラフ上で右クリックしてプロパティを選択します。
0.5

「プロパティ」画面が表示されるので「書式設定」タブで、
カテゴリを「数値」に設定して「実数値」で小数点の桁数、
「桁区切り記号を使用する」チェックボックスで、3ケタ区切り設定が可能です。
1

ファイルレベルの書式設定


グラフ単位での書式設定をしましたが、
金額ベースのカラムなどは全てのグラフで共通設定したほうが便利です。
そのような場合は、ファイルレベルで書式設定しましょう。

カラムのプロパティ

「ファイル」→「カラムのプロパティ」を選択します。
2

カラムのプロパティ画面が表示され、
「カラムと階層」にカラム一覧が表示されます。
この中で設定したいカラムを選択して、「書式設定」タブを選択してください。
同じく実数値と桁区切りなどの設定が可能です。
3

設定後、新規に作成されるグラフに設定が適用されます。

アプリケーションレベルで設定


ファイルレベルで設定された場合は、
同一ファイル内では規定の設定が有効になりますが、
一度Spotfireを終了した場合は、再度設定が必要になります。
初期設定したい場合は、アプリケーションレベルで設定します。

設定方法

メニューから「ツール」→「オプション」を選択します。
4
オプションメニューが表示されますので、「軸の書式設定」を選択し、
既定の軸書式設定を開きます。
「データ型」を選択できますので、設定するデータ型を選択します。
カテゴリで表示形式を選択して、実数値などの設定を設定して下さい。

こちらの設定は次回起動時から有効化されます。

独自フォーマットの設定


これで色々な形で書式設定をすることはできました。
しかし、フォーマットは固有のものだけでなく自分で定義することも可能です。
例えば日本円で「億」や「万」などの表記にしたければ、定義を追加することができます。

日本の単位を設定した例

5.5

プロパティ設定の中に「短い数値書式を使用する」というチェックボックスがありますが、こちらを使用します。
標準では、1000倍の「k」と100万倍の「M」のみ定義されていますので、
日本フォーマットを追加しましょう。

こちらもオプションから設定します。
メニューから「ツール」→「オプション」を選択し、
「軸の書式設定」を選択します。

6
一番下に「記号セットの編集」というボタンがありますので、こちらをクリックしてください。
「追加」ボタンを押すと新規フォーマットが定義できます。
こちらで因数と記号を追加していけば定義完了です。
日本円での10^8で「億」10^6で「百万」を定義してみました。

7
こちらで新書式が追加されましたので、
書式設定の「短い数値書式を使用する」にチェックし「日本円」を選択すれば
表記が変わります。
8