複数フィルター条件の設定

フィルター条件を個別に設定する

フィルターパネルでのデータ絞り込みは非常に便利な機能ですが、
既定では全ページ、全グラフにフィルターが適用されます。
このままの設定では、すべて同一のフィルター条件になってしまうため
特定のカテゴリ条件のページを作成したり、
全体と一部のデータを同一ページ上で比較することができません。

フィルタースキーム

フィルタースキームを使用すると、
絞り込み条件を複数定義でき、ページやグラフで使用する
スキームを設定する事ができます。

フィルタースキームの設定方法

「編集」→「文書のプロパティ」を選択してください。
1

文書のプロパティ画面が表示されますので、
「フィルタースキーム」タブより
「フィルターパネルにフィルタースキームメニューを表示」チェックボックスをONにします。

これでフィルタースキームを使用する準備が整いましたので、
「OK」を押して下さい。
2

ページへのスキームの適用

フィルタースキームを使用すると、
フィルターパネルの上部にフィルタースキーム選択欄が表示されます。
当初は一つのスキームしかありませんので、すべて同一絞りこみ条件になっています。
3

こちらクリックすると新規スキームを追加することができます。
「新規フィルタースキーム」をクリックしてスキーム名を入力します。
4

こちらで新しいフィルタースキームが作成されました。
このスキームはページごとに設定されていますので、
ページごとに選択することができます。
5

これでページごとに異なる絞り込み条件が設定できました。

グラフごとにフィルタースキームを設定

フィルタースキームはページごとに設定可能だという話をしましたが、
これは各グラフのフィルター条件が規定でページのフィルタースキームに
連動するように設定されているためです。

グラフ毎にフィルタースキームを設定することができますので、
一つのページで複数の絞り込みのグラフを表示することができます。

グラフ上で左クリックして「プロパティ」を表示します。
「データ」タブの中で「フィルターを使用したデータの制限」を見てください。
既定では「現在のページのフィルターを使用」になっていますが、
こちらを設定したフィルターパネルを選択する事で、ページのフィルター条件
とは異なる条件を設定することが可能になります。

6

7

これで1ページ上に異なるフィルター条件でグラフを作成できます。