横方向にデータを追加

 カラムの追加

解析するデータが地域コードや顧客コード
商品コードなどコード化されている場合や、
製品コードを元に品質データと行程履歴データを紐付たい場合は
横方向にカラムを追加する事で分析の幅が広がります。

0

例えば、店舗データに対してカテゴリコードしかない場合
別にカテゴリマスタがあれば、カテゴリコードをキーにして
カテゴリ名を追加することができます。

1

Spotfireで取り込みが可能なデータであれば選択可能ですので、
データベース+Excelのようなマスタ結合も可能です。

データベースのデータを元に、
手元のExcelでカテゴリ分けして、結果を見るような場合でも、
データをリロードする事で結果を何度でも確認できます。

操作方法

一つ目のデータを取り込んだ状態で
「挿入」→「カラム」を選択します。

2

「追加」ボタンを押してデータソースを選択します。
今回は「ファイル」から選択しています。

3

インポートの設定画面が表示されるので、型や取り込みカラムの設定をします。

4

キーの設定

キーカラムの設定をします。
「現行データから」と「新規データから」のペインから
対応するカラムを選択し、「選択したカラムの対応付け」をクリックすると
「対応付けられたカラム」にペアが移動します。
キーが複数ある場合は、上記操作を繰り返してください。

5

「すべての可能なカラムの対応付け」を選択すると
名前と型が同じデータが自動的に追加されます。

設定が完了したら「次へ」を押します。

カラムの挿入

どのカラムをインポートするか、どのように結合を設定するかを設定します。
追加するカラムにチェックを入れてください。
結合方法は「左外部」が基本ですが、追加するマスタテーブルに重複する場合は元データが増えてしまうので「左の単一対応」を選択してください。

6

設定完了後「完了」を押すとカラムが追加されます。

7