データの縦連結

データファイルを縦に連結する。

1

ログデータのような同じフォーマットで異なるファイル名で
出力されるファイルを連結して解析することができます。
2

操作方法

データを読み込んだ状態で、
「挿入」→「ロー」を選択します。
3

「ローの挿入メニューが表示されます。
「選択」ボタンを押して「ファイル」を選択します。
ここではファイル以外の入力方法も選べます。
4

対応カラムの設定

「カラムの対応付け」メニューが表示され、
どのカラムを連結対象にするか選択します

「現行データから」と「新規データから」のカラムを選択して「選択したカラムの対応付け」を押すと「対応付けられたカラム」欄に追加されます。

5
「すべての可能なカラムの対応」ボタンを選択すると
カラム名とデータ型が同じものは自動的に対応付けられます。

対応付けられたカラムは灰色で表示されますので、
全てのカラムが灰色になっていれば、問題なく対応付けされています。

6確認画面が表示されます。

追加データ側に対応するカラムがない場合は、空白で追加されます。
逆に、追加するデータの方がカラムが多い場合は、「新規データから追加のカラムを組み込む」にカラム名が表示されますので、取り込み選択可能です。

「挿入するデータローの情報を追加する」チェックボックスをONにすると、
どのファイルから追加されたのか、情報カラムを追加することができます。
ファイル内部に製品名や日付などのキー情報が含まれてない場合は、
こちらに追加可能です。7