画面構成

サンプルデータの読み込み

評価版のインストールが完了したらファイルを開いてみましょう。
Spotfireと一緒にサンプルファイルもインストールされています。

場所はユーザーフォルダ内です。
私の場合は下記フォルダです。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\TIBCO\Spotfire Desktop\6.5.1\Example Data

この中でBaseballというフォルダがあります。

注意:バージョンによりサンプルファイルがない場合がありますので、見当たらない方はこちらよりダウンロードして下さい。

tut_2_00
Baseball.dxpファイルをダブルクリックするとSpotfireが起動します。
DXPはSpotfireファイルの拡張子です。
この中にデータと画面情報の全てが保存されています。

サンプルファイル

起動時の画面です。
Baseball.dxpは野球に関するデータを可視化したファイルになっており、
4ページ構成になっています。
最初のページはカバーページです。

 

tut_2_0

 

ページ移動

画面構成を確認します。
ページ選択で「Getting Started」ページをクリックします。

tut_2_1

 

画面構成

Spotfireのページはグラフ領域、フィルターパネル、Detail on Demandから構成されます。

グラフ領域には様々なグラフが表示されます。
フィルターパネルはデータを絞り込むためのフィルターが表示されます。
Detail on Demandにはマークされた生データが表示されます。

tut_2_2

フィルターパネル

画面右上に表示されているフィルターパネルの機能を使用すると、データにフィルターをかけることできます。
試しに、Teamのフィルターをスライドし、「Arizona」を選んでみてください。
今まで全てのチームが表示されていたグラフがArizonaチームだけのグラフに変わります。
フィルターパネルはデータを取り込み時に、全てのカラムに対して自動的に作成されます。

 

tut_2_3

tut_2_4

Detail on Demand

画面右下に表示されているDetail on Demandはマークで選択された範囲の元データを表示します。
マークの方法はグラフ上で左クリックしながらドラッグします。
Ctrlを押しながら選択すると追加選択も可能です。
Altを押しながら選択すると矩形領域選択ができます。

tut_2_5

tut_2_6

それでは、新しいデータを取り込んでみましょう。